昨日、HTMLチェックツールについてもろもろ紹介したので、
続いてCSSのチェックツールについて。

CSSチェックツールはHTMLほど多く存在しないように思いますが、
HTMLチェックツールと同様にWeb上での構文チェックサービスがあります。

代表的なものではW3Cからのサービスで「CSS Validation Service」

CSS Validation Service

URLを入力することで、そのサイトで使用しているCSSファイルの中身の
構文チェックなど細かなところまで見てくれます。
W3C準拠なので正確。

同じような仕組みでHTMLとCSSそれぞれの構文を一度にチェックしてくれるサービスもあります。

XHTML-CSS Validator

上記2点共に、エラーが起きた個所を具体的に表示・指摘してくれるので、
SEO対策チェックなどにも効果があると思います。

私の場合、これらのWeb上のサービスは、作成中に都度都度おこなうのが面倒なので
エディタ上でチェックを行えるものを使っています。

普段愛用しているCSSエディタは「bkhvalid」(2年以上使ってますが未だに読み方がわかりません…)

bkhvalid

CSSエディタとして使用でき、編集中のCSSファイルをボタン一つでチェックすることができます。
単純なプロパティ名の打ち間違えや、抜けがちな「:」「;」の記述など、
ものすごく細かくチェックしてくれるのでかなり助かります。

CSSは記述を間違えればページ上のレイアウトが崩れたり、
記述ミスについても気がつきやすいと思いますが、
HTML同様にチェックをこまめに行うことで、
効率よく正確な構成を心掛けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (2)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

CSSチェックツールについて

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Book
  • jQuery Technical Note
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR