HTMLを組む際に「float」を使って回り込み指定を加えた要素に対して、
回り込み終了(解除)の指示を与える「clearfix」。

記述方法はいろいろあったりするのですが、可能な限りCSSの記述を抑えた形で構成され、
最新版clearfixと言われている「A new micro clearfix hack」が、この先使えそうだったのでご紹介。

A new micro clearfix hack


A new micro clearfix hack – Nicolas Gallagher


デモはこちら:Demo: A new micro clearfix hack — Nicolas Gallagher

デモページを確認する限り、
floatを使った回り込みがきちんと解除されています。

具体的な記述方法は以下の様な感じになっています。
※clearfix用のクラスを「.cf」とした場合の例

/* For modern browsers */
.cf:before,
.cf:after {
	content:"";
	display:table;
}

.cf:after {
	clear:both;
}

/* For IE 6/7 (trigger hasLayout) */
.cf {
	zoom:1;
}

全体の記述はかなり少なく、シンプルに構成されています。

同じ要素に対して「:before」と「:after」の2つを指定しなくてはいけないので、
clearfix用のクラスを作らずに、回り込み解除箇所ごとにclearfixの指定を加えていく構成の場合は
ひと手間増える感じもします。

対象ブラウザは
—————————
・Firefox 3.5+
・Safari 4+
・Chrome
・Opera 9+
・IE 6+
—————————
IEも含まれているところが有り難い。

「clearfix」を見直す際などに是非。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

CSSの記述を軽量化した最新clearfix「A new micro clearfix hack」

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Partner