今ではmozillaやwebkitブラウザでは、
Webページ上に<textarea>タグを使ったテキストエリアを配置した際、
ユーザーがエリアのサイズを自由にリサイズすることが可能になります。

場合によっては、このリサイズ操作をすることで
周りのレイアウトが崩れてしまったり、枠からテキストエリアが飛び出してしまったり、
何かと厄介になることもあります。

そんなテキストエリアのリサイズを
CSSで制御できるプロパティがあるようなのでご紹介。

リサイズの制御は
———————————————————————————————-
・縦横自由にリサイズ(デフォルト)
・縦のみリサイズ可能
・横のみリサイズ可能
・縦横ともにリサイズ不可(テキストエリアをリサイズさせない)
・リサイズの最小値/最大値を設定
———————————————————————————————-
となります。

CSSの記述方法は以下のように。

縦横自由にリサイズ(デフォルト)

textarea {
	resize: both;
}

縦のみリサイズ可能

textarea {
	resize: vertical;
}

横のみリサイズ可能

textarea {
	resize: horizontal;
}

縦横ともにリサイズ不可(テキストエリアをリサイズさせない)

textarea {
	resize: none;
}

リサイズの最小値/最大値を設定

textarea {
	min-width: 100px;
	min-height: 80px;
	max-width:  400px;
	max-height: 200px;
}

これらの指定を加えることで、
テキストエリアのリサイズに対しての制御ができるようになります。

実際に表示は以下のようになります。
(mozilla、webkitブラウザのみ動作)

TEXTAREA RESIZE

基本的にはリサイズさせない「resize: none;」を
テキストエリアに対して指定しておくことが
レイアウトの崩れを起こさない為にも理想かと思います。

ご参考までに。。。

【参考記事】
Safari 3 で textarea のリサイズを制御する方法 « Apple + iPod « Forest.Kの徒然日記

サンプルファイルをダウンロードしたい方はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

テキストエリア<textarea>のリサイズをCSSで制御する

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR