最近ではIEの勢いは減少し、FirefoxなどIE以外のブラウザの勢いが
目立ってきていると感じていましたが
意外にもまだそうとも言えない現状の様です。

2009年7月のNet Applicationsの調査報告によると未だに一位は「IE6」で27.21%。
続いて「IE7」23.09%、「Firefox3.0」16.21%、「IE8」12.46%と続いているもよう。

2008年末にはIE6とIE7のシェアは逆転したようですが、
2009年6月頃から再びIE6のシェアが高まるようになったとのこと。(どういうこと?)

そんな中、Web開発者を困らせる最大の要因「IE6」を廃止させようと
新たなブラウザアップデートを促すコードが配布されているようです。

IE6NoMore.jpg
IE6 No More

サイト上に用意されているコードを、制作しているサイト(HTML)に貼ることで、
「IE6」でそのサイトを閲覧した際に、警告文を表示します。
警告文は親切にも7ヶ国分も用意されています。

最近ではYouTubeでも「IE6」でサイトを見ると、「IE6のサポートは終了します。」といった
アップグレードを促す警告文が表示されますね。
その様な大手サイトでも「IE6」は切り捨てる流れにもなってきています。(実はまだ自宅PCはIE6だったり…)

「IE6」にしか出来ない、といったことがあるわけではないし、
古いブラウザにこだわっても何もメリットは無いのだから、
いっそのこと頭から外してしまいたい…

これらのコード運動の効果が早く現れることを願うばかりですね。。。

※IE6 No Moreのコードはこのブログにも貼り付けてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

「IE6」撲滅の動き

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Book
  • jQuery Technical Note
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR