昨日のエントリー「jQueryで「window.open」タイプのポップアップウィンドウ方法」に引き続き、
jQueryでのポップアップウィンドウのネタ紹介。

昨日紹介した方法は、スクリプトで直接「window.open」を起動させる方法でしたが
jQueryプラグインとして提供されている「jquery.popupwindow.js」も結構使えそうです。

jQueryPopUpWindow.jpg
PopUpWindow Example

デフォルトのまま使用する場合は、
プラグインファイル「jquery.popupwindow.js」をページ内から読み込ませて、

$(function() {
	$(".popupwindow").popupwindow(profiles);
});

といった指定を加えることで
「class=”popupwindow”」が付いたリンクをポップアップにて表示させることが出来ます。

「jquery.popupwindow.js」ファイル内のsetting部分をいじることで
ウィンドウの幅や高さ、メニューバーやスクロールバーの表示非表示など、
細かな設定が変更可能になります。

settingの内容は

height:600,
width:600,
toolbar:0,
scrollbars:0,
status:0,
resizable:1,
left:0,
top:0
center:0,
createnew:1,
location:0,
menubar:0,
onUnload:null

昨日の方法とさほど変わらない感じもしますが、
こちらも使い勝手悪くなさそうです。
ライセンスもMIT LICENCE。

ポップアップウィンドウが必要になった際に是非。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

jQueryでのポップアップウィンドウプラグイン「jquery.popupwindow.js」

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Partner