WordPressアップデートによるテーマファイル構成の不具合により、現在は仮のテーマで表示しています。
記事など読みづらいところが多々あると思いますがご了承いただけると幸いです。
鋭意修正中です…

jQueryでページ遷移無しで画面を切り替えた際でも個別のURLやブラウザの戻る/進むを有効にさせるプラグイン「jQuery hashchange event」&「Navi.js」

jQueryなどを使ってページ遷移をしない構成で画面切り替えを作る際
通常ではURLは変わることなく一つのURLみとなり
ブラウザの「戻る」や「進む」が効かなかったり
直接、切り替え後の特定の画面へ遷移することができなかったりします。

その様なページ遷移無しの切り替えの場合でも
ブラウザの「戻る」や「進む」を有効にし
切り替え画面ごとに個別のURLを持たすことができるようになるプラグイン
「jQuery hashchange event」と「Navi.js」を自分用メモとしてご紹介。

jQuery hashchange event


Ben Alman ≫ jQuery hashchange event
デモ画面はこちら

この「jQuery hashchange event」を使用すると
タブ切り替えなどの際に、
切り替え画面ごとにURL末尾に「#」を付けた形で
個別のURLを持つことが可能になります。

jQueryファイルとプラグインファイルを読み込んだ後に
「.hashchange()」で実行させて使用します。

[javascript]
◆SCRIPT


$(function(){
$(window).hashchange(function(){
alert( location.hash );
})
$(window).hashchange();
});
[/javascript]

「jQuery hashchange event」の詳しい使い方や
jQuery1.9系で使用する際の注意点など
「小粋空間」さんのページで詳しくまとめられています。

【参考記事】jQueryのAjaxやタブ切替などでブラウザの「戻る」「進む」が有効になる「hashchangeプラグイン」(実装解説つき): 小粋空間

Navi.js – jQuery Content Switcher


Navi.js – jQuery Content Switcher

この「Navi.js – jQuery Content Switcher」では
ブラウザの「戻る」や「進む」だけでなく
画面切り替えごとにページタイトルの設定なども可能となっています。

jQueryファイルとプラグインファイルを読み込んだ後に
「.navi()」で実行させて使用します。

[javascript]
◆SCRIPT


$(function(){
$(“#naviMenu”).navi({
hash: “#!/”,
content: $(“#naviContent”)
});
});
[/javascript]

「Navi.js – jQuery Content Switcher」の詳しいチュートリアルについては
「コリス」さんのページで詳しくまとめられています。

【参考記事】[JS]実装は簡単で高性能、ロード無しでページを次々に表示するスクリプト -Navi.js | コリス

以上が2点がページ遷移しない切り替え画面ごとに
個別のURLを持たすことができるようになるプラグインの紹介でした。

ページ遷移させない構成でのページ作成の際にぜひ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です