ちょっと前に話題になっていた、YouTubeやGoogleマップやInstagramなどの
ページ内に埋め込む際のURLや埋め込みコードを
簡単にレスポンシブ化してくれるサービス「embedresponsively.com」が
便利に使えそうだったので自分用メモとして紹介してみます。

embedresponsively.com


embedresponsively.com

使い方は簡単で貼り付ける媒体を選択して
画面内の入力フォームに、動画ページのURLや埋め込みコードを入力して
「Embed」ボタンをクリックするだけ。
(入力するURLの内容は媒体によって違います。)

クリック後は画面の下にレスポンシブ用のHTMLやCSSのコードが生成されるので
それを張り付ければいいだけ。

実際にYouTubeでコードを生成した場合は以下のような画面になります。

手軽に使えることと、CSSでどの値をどのようにすればレスポンシブ化できるか、
といった指定方法の参考にもなりそうです。

こういったサービスの他に、YouTubeやVimeoの動画を
jQueryを使ってレスポンシブ化するプラグイン
「FitVids.js」というものもあります。

davatron5000/FitVids.js · GitHub

埋め込みコードがiframeで構成されているものに関しては
CSSでiframeのwidthを100%にしたりすることで
簡単にレスポンシブ化することもできたりしますが
こういったサービスやjQueryを使って
いろいろな埋め込みコードをレスポンシブ化する方法を覚えておくと
いざという時に役立つかと思います。

YouTubeやGoogleマップやInstagramなどレスポンシブ化して埋込む際にぜひ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

YouTubeやGoogleマップやInstagramの埋込みを簡単にレスポンシブ化してくれるサービス「embedresponsively.com」

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Book
  • jQuery Technical Note
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR