Tag : iPad

READ MORE

Webサイトを作る際、最近では様々な画面サイズ(解像度)のデバイスが増えていることからレスポンシブで構築する際のviewport設定に迷うことがあります。すべてのデバイスで画面幅に合わせて綺麗に表示させるにはviewportの値を切り替えてしまった方が楽な場合もあったのでスマートフォン[iPhone/Android]と…

READ MORE

iPhone6 / iPhone6 Plusの登場によりWebサイトを作る上で今まで以上に画面サイズのバリエーションを数多く想定しなくてはならない状況になってきました。中でも「iPhone6 Plus」は解像度が1920×1080と大きく、タブレットに近いサイズにまでなっておりこの先、Webページを作成する際に「iPh…

READ MORE

iPhoneなどApple製品に使われているRetinaディスプレイ。従来のディスプレイよりも高解像度(1ピクセルの幅が78ミクロン)であることからRetinaディスプレイで画像を綺麗に表示するには、表示する倍のサイズで作成する必要があったり特別な対処をする必要がでてきたりします。そんなRetinaディスプレイに対して…

READ MORE

前回の記事で、iPhoneやiPad、Androidなどに加えてPCでも動作するフリック/スワイプ動作UIをjQueryで実装する方法を紹介しましたが、前回の単純なフリック/スワイプのUI動作に加えて、自動で次の画像に切り替わるスライドショー動作とメインビジュアル部分にNEXT/BACKのボタンを追加したパターンでの画…

READ MORE

iPhoneやiPad、Androidといったスマートフォンやタブレット端末ではフリック/スワイプと呼ばれる指でスライドさせるUIが付き物になっています。jQueryでもこのフリック/スワイプ動作を実装できるプラグインはたくさんありますがいざ自分で作ろうとすると意外と大変な動作だったりします。この動作についていろいろ調…

READ MORE

少し前に「jQuery(JavaScript)でiPhone、iPad、Androidなどデバイスを判別してURLをリダイレクトする方法」と題して、スマホ系のデバイスを判別してURLをリダイレクトさせる方法を紹介しましたが、ユニクロさんやほぼ日さんのサイトではスマホ系デバイスでアクセスするとアラートでスマホ向けのサイト…

READ MORE

最近のWebサイト制作では、通常のPCサイトを制作するだけでなくiPhoneやAndroidのスマートフォンや、iPadなどタブレット向けにそれぞれサイトを用意し、デバイス毎にアクセスさせるURLを分けることも増えてきました。その様な場合のデバイス制御に使える(であろう)iPhone、iPad、AndroidでPC向け…

READ MORE

iPhoneやAndroidのスマホ系サイトで、指をタッチしてスライドさせるスワイプといわれる動作。このスワイプ動作はCSSのみでは実現することが困難で、実装するには意外と面倒だったりします。そこで、このスワイプ動作を比較的簡単に実装することが出来るjQueryプラグインがあったのでいくつか紹介してみます。Skinke…

READ MORE

iPhoneやAndroid(アンドロイド)向けのスマートフォンサイトを制作する際、各キャリアの縦向き、横向きを考慮した画面設計やHTML構成を考えて制作しなければなりません。それぞれ端末ごとに細かな設定の変更が必要な場合などOSの判別をする必要になってきますが、そんな際に使える、jQueryを使って簡単にOSを判別し…

BlackFlag
FOLLOW
Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Partner