FlashのSWFファイルを解析し、中身のScriptデータをJavaScriptに変換して、
画像データと音声データはHTML5にて再構築する、というツール「Smokescreen(開発中)」がもの凄い。

Smokescreen.jpg
動画:FlashをHTML5に自動変換するSmokescreen、iPadでも動作-engadget:日本版

残念ながら、まだ開発段階のようなので動画でしか動作を確認できませんが、
たしかにiPad上でFlashバナーが再生されています。

HTML5とJavaScriptを組み合わせればFlash同等の事が可能になる、
というのが実証されている感じもします。

こいつが正式にリリースされたら是非とも使ってみたい。
頼っているわけではないですが…

HTML5が早く実業務で使える次期が来ないかと待ち望むばかり。

ご参考までに。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

FlashをHTML5+JavaScriptに自動変換する「Smokescreen」

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Book
  • jQuery Technical Note
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR