福島被曝牛支援のお願い ~ 被災動物への募金援助のお願い

福島第一原発から20km圏内(旧警戒区域)には原発事故で被災した数多くの動物たちが今でも生息しており、必死の救援活動が続いています。

「希望の牧場 ~ふくしま~」について

東日本大震災での福島第一原発事故によって、
原発から20km圏内(旧警戒区域)に生息する被曝した家畜たちには
国から殺処分が言い渡されました。

経済価値がなければ人間の都合でむやみに動物たちの「命」を絶つことが許されるのか?

この殺処分に反対する畜産農家と、動物たちの命を守りたいと願うボランティア団体によって
福島第一原発から14km地点、福島県双葉郡浪江町にある「希望の牧場 ~ふくしま~」では
現在でも300頭以上の牛たちが生息しています。
※旧警戒区域では他の殺処分反対する方々によって全体で約700頭の牛たちが今でも生息しています。

「希望の牧場 ~ふくしま~」では、自身の被曝を顧みず活動を続けるスタッフの方々と
旧警戒区域内の牛と牛に関わる人たちをサポートする団体「With Cattle」、
それぞれの団体が力を合わせて原発事故発生から今まで
被曝牛となってしまった牛たちの「命」を繋ぎ続けています。

各団体は国からの支援もなく、主な活動資金は募金となっていますが
300頭以上の牛たちの飼育には莫大な費用がかかり
募金援助がなければ牛たちを生かし続けることも困難な状態です。
(当ブログ管理人も微力ながら支援させていただいております。)

この福島の被曝牛のことを少しでも多くの方に知ってもらい、支援等の輪が広がることを願い、
当ブログでも下記に各団体のWebサイトと、各団体それぞれのTwitterとFacebookのリンク先を
掲載させていただきました。

何も罪のない福島の牛たちの「命」を守り続けることにご賛同いただける方、
ご支援(募金等)いただけると大変嬉しく思います。
※支援先については各団体のWebサイト等からご確認ください。

各団体は一緒に作業をしてくれるボランティアについても随時募集しています。

何卒、宜しくお願い致します。

希望の牧場 ~ふくしま~

希望の牧場-Twitter希望の牧場-Facebook

書籍について

「希望の牧場 ~ふくしま~」に関連した書籍を紹介します。
購入することで募金にもつながる本なので、ぜひご購入いただけると幸いです。
※表示している価格は全てamazon(2014/9/11現在)の値段になります。

テレビ朝日系列『ペットの王国』に「希望の牧場・ふくしま」が紹介されました

原発事故で出荷できなくなった牛を育てる「希望の牧場」として、
Kis-My-Ft2の横尾渉さんが牧場に訪れ
「希望の牧場 ~ふくしま~」代表吉沢さんの思いや活動を紹介するとともに
懸命に生きる牛たちの姿が特集されました。

番組名:ペットの王国 ワンだランド(朝日放送)
放送日時:2016年9月18日(日) AM9:30~
Webサイト:http://www.asahi.co.jp/pet/

関連記事

「希望の牧場 ~ふくしま~」に関連したWeb上の記事を紹介します。

深刻な餌不足の問題について - 2014年9月現在

2014年9月現在、「希望の牧場 ~ふくしま~」では餌不足の問題が深刻化しており、牧草ロールと言われる牛たちの餌の確保から、なんとかして牛たちを生かし続けるための取り組みが今なお続いています。

福島第一原発の放射能汚染によって行き場を失った牧草ロール(汚染ロール)を牛たちの餌として確保ができたとしても、希望の牧場まで運ぶのに1個2,500円の運送費が掛かり、資金面でも余裕がもてない現状です。

運送費の支援、今後の継続的な餌確保の為にも
支援の方、何卒宜しくお願い致します。

「希望の牧場 ~ふくしま~」事務局からの「牧草ロール・運送費支援のお願い」チラシをPDFにしました。
下記ボタンよりご覧ください。

≫ 「牧草ロール・運送費支援のお願い」チラシ PDF(1.96MB)

「希望の牧場 ~ふくしま~」2015年版カレンダー募金

【 ----- 完売しました ----- 】

希望の牧場サポーター「ももさん(Twitter:@momosakurajcpct)」の手によって、「希望の牧場 ~ふくしま~」2015年版カレンダーが出来上がりました。

壁掛けB5サイズで2014年12月から始まり2015年12月まで全国の希望の牧場サポーターが撮影した写真で彩られたとても素敵なカレンダーになっています。

1部1,500円
※送料は別途500円(同一住所に1部から)

カレンダーの売上金は全て牧場へ送金され、牛たちのために使われます。
どうぞよろしくお願い致します。

映画「犬と猫と人間2 動物たちの大震災」

犬と猫と人間2 動物たちの大震災

希望の牧場 ~ふくしま~、WithCattleの方々も出演している、東日本大震災で被災した犬や猫や牛などの動物たちの現実や、今なお行われている動物愛護ボランティア団体の方々の動物保護活動について追ったドキュメンタリー映画です。

犬と猫と人間2 動物たちの大震災
監督:宍戸大裕 / プロデューサー:飯田基晴
公式Webサイト:http://inunekoningen2.com/

犬と猫と人間2 動物たちの大震災犬と猫と人間2 動物たちの大震災-Facebook

全国各地で上映会を行っています。
日時や場所については公式Webサイトから情報をご確認ください。

2014年5月24日にDVDも発売開始しました

≫ AmazonでDVD購入はこちらから

できる限り多くの方にこの現状を知っていただきたく、ツイートやシェアなど拡散していただけるととても嬉しく思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加