CSSの指定で要素にマウスオーバーした際に色を変えたり、背景色を変えたり、
何かアクションを付けることに使用する「:hover」要素。

本来この指定はマウスオーバーしている要素のみに効果を利かすものですが
マウスオーバーした要素の兄弟要素に対しても「:hover」の効果を付けることを可能とするチュートリアル
「Hover on “Everything But”」が使えそうだったのでメモ書きしておきます。

Hover on “Everything But”


Hover on “Everything But” | CSS-Tricks


デモはこちら:Hover on Everything But

デモ画面ではマウスオーバーした際に
それぞれ要素の透明度「opacity」の値を変化させています。

仕組みについては以下。

◆HTML
<section class="parent">
	<div></div>
	<div></div>
	<div></div>
</section>

HTMLでは親要素として「.parent」を用意し
子要素を「div」とします。

そしてCSSで、、、

◆CSS
.parent:hover > div {
	opacity: 0.5;
}
.parent:hover > div:hover {
	opacity: 1.0;
}

「>」を使って階層制御をして、
兄弟要素の指定を制御をしているようです。

この方法を使えばCSSのみでドロップダウンを実装することも可能になったり、
いろいろ便利に使えそうです。

ご参考までに。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

「:hover」している要素以外にも「:hover」の効果を付けるCSSチュートリアル「Hover on “Everything But”」

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR