jQueryを使ってイベント処理と合わせてアニメーション処理をスクリプトを組む際に、指定する要素がアニメーション実行中かそうでないか判別をする場面がよくあります。アニメーションの実行判別方法はいろいろなやり方があり使用する場面によって使い分けるのですが、たまに書き方を忘れてしまうのでいくつかの判別パターンをまとめてみま… →ReadMore

jQueryを使った複雑なアニメーションを実装しようとするとCSSのプロパティ値を細かく操作して設定することが必要になりますが複雑なアニメーションからシンプルなものまで、簡単かつ軽量なかたちで実装することができるプラグイン「jQueryTween」がとても便利そうだったので紹介してみます。jQueryTween - L… →ReadMore

スクリプトを組む際に、特定の要素が存在する場合のみに処理を実行させる、といった場面にはよく遭遇するのでjQueryで要素の存在の有無を判別する処理を自分用のメモ書きとしてご紹介してみます。jQueryで特定の要素が存在するかどうかを判別する処理【.length】タグそのものに対して判別させることも可能ですがサンプルでは… →ReadMore

HTMLやCSSなどの知識がなくても簡単にWebサイトを構築することができるホームページ作成サービスは今では様々な種類がありますがそんな中でもデザインのクオリティがとても高く、デザインテンプレートパターンも豊富に揃っている「Wix.com」ホームページ作成サービスがとても便利そうだったのでご紹介してみます。無料で簡単に… →ReadMore

会員制Webサイトやストレージサービスなどでinput入力フォームでファイルをアップロードさせる[type=file]を使用する際、選択されたファイルが画像だった場合にプレビューを表示させる機会が何度かあったのでFile APIとjQueryを使って試しに作ってみたサンプルを紹介してみます。jQueryでINPUT[t… →ReadMore

少し前に「jQueryでページの最上部に位置固定したフルスクリーンスライドショー(クロスフェード)を設置する方法」と題して、ページ最上部に位置固定したクロスフェードスライドショーのサンプルを紹介しましたが、同様の形でクロスフェードではなくフルスクリーンの状態で画像全体が横スライドして見せるスクリプトサンプルを作ってみた… →ReadMore

Webサイトを作る際、最近では様々な画面サイズ(解像度)のデバイスが増えていることからレスポンシブで構築する際のviewport設定に迷うことがあります。すべてのデバイスで画面幅に合わせて綺麗に表示させるにはviewportの値を切り替えてしまった方が楽な場合もあったのでスマートフォン[iPhone/Android]と… →ReadMore

Webサイト制作において使用する画像ファイルや動画ファイルをフォーマットの違ったファイル形式に変換する場面にちょくちょく遭遇することがあります。その都度、変換条件にあったツールやWebサービスを使用したりしていましたがこの先とても便利に使えそうなファイル変換サービスがあったので2つほど自分用メモとして紹介してみます。C… →ReadMore

iPhone6 / iPhone6 Plusの登場によりWebサイトを作る上で今まで以上に画面サイズのバリエーションを数多く想定しなくてはならない状況になってきました。中でも「iPhone6 Plus」は解像度が1920×1080と大きく、タブレットに近いサイズにまでなっておりこの先、Webページを作成する際に「iPh… →ReadMore

Recent Entries
Popular Entries
Hatena Bookmark
PR
Facebook
Tweets
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR