昨日のエントリー内容を若干調整。

子要素の中に<div>などを入れ子にしてさらに親要素となる値があった際に
頭の親要素から正常に子要素全てを取得出来ていなかったのを改修。

昨日のSCRIPTだと
◆SCRIPT ———————————————————–
$(function(){
  if ($(“親要素”).children().hasClass(“子要素のCLASS名”)) {

    ~指定内容~

  }
});
——————————————————————–

◆例 —————————————————————
<div class=”aaa”>
 <div class=”bbb”>
  <div class=”ccc”></div>
 </div>
</div>
——————————————————————–
この場合、大元の親要素class=”aaa”からclass=”ccc”は子要素として見てくれない。
class=”ccc”の親要素はclass=”bbb”ってこと!?

◆改修版SCRIPT —————————————————–
$(function(){
  if ($(“親要素 *”).children().hasClass(“子要素のCLASS名”)) {

    ~指定内容~

  }
});
——————————————————————–
基準の親要素とする値の後ろに半角スペース+アスタリスクを追加することで
配下全ての指定が効くようになる。

なるほど。。。

■■■■■■■■■■2010年4月7日【追記】■■■■■■■■■■
この方法も動作が怪しかった為、再度検証。。。
jQuery「.children()」で子要素と孫要素の値を取得する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (2)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

jQueryでCSSクラス名を判別して条件分岐させる方法【追記】

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Partner