Webサイトを更新したりニューアルした際、
それまで使用していたCSS指定を別の形に置き換えたりする作業を繰り返すことで、
CSSファイル内に使っていないCSS指定が残ってしまうことはよくあること。

ですが、もちろんサイトデータ(HTML/CSS共に)内にはページ形成に不必要な記述は
可能な限り残しておくべきではないもの。

そんなCSSチェック時に便利に使えそうな、
サイト内で使用していないCSS指定をチェックしてくれるツール
「Remove unused CSS – CSS Optimizer」のご紹介。

Remove unused CSS – CSS Optimizer


Remove unused CSS – CSS Optimizer

使い方も簡単で、ページ上に用意されている
「Site address:」にチェックをかけたいサイトのURLを入力して、
「Detect unused CSS rules!」ボタンを押すだけ。
(ローカルデータではチェックできないっぽいです。)

検索に少々時間は掛かりますが、
サイト内で使用しているCSSファイルを端からチェックをかけ
不要な指定が無いか確認してくれます。

結果画面のサンプルは以下の様な感じに。

結果画面では不要となったCSS指定を削除したデータを
ダウンロードすることも可能になっています。

こういったツールをこまめに利用して
サイトの最適化を図っておくといいと思われます。

ご参考までに。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

サイト内で使用されていないCSS指定をチェックしてくれるツール「Remove unused CSS – CSS Optimizer」

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Book
  • jQuery Technical Note
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR