CSSを使って一枚のナビゲーション画像を背景画像として配置し、
background-positionで位置を変えたりすることでボタンを表現する技術CSSスプライト。

そのCSSスプライトに対してjQueryでスライドやフェード効果を付けることが出来る、
「Spritemenu」がかなりいい感じに使えそうです。

Spritemenu.jpg
DISTINCT Corp ≫ Spritemenu 0.2

使用するには、大元jQueryファイルと「jquery.easing.1.3.js」に加え、
上記ページからダウンロードできる「jquery.spritemenu-0.2.js」を
ページ上にロード。

その他に、SCRIPTタグで以下の様に該当IDや使用する画像パス、
ボタンのサイズ、エフェクト効果、スピードなどを指定します。
————————————–
<script type=”text/javascript”>
$(‘#spritemenu01′).spritemenu({
grid:”img/sprite_btn.jpg”,
buttonwidth: 100,
buttonheight: 40,
speed: ‘slow’,
easing: ‘easeOutBounce’,
animate: ‘height’
});
</script>
————————————–

試しにやってみたサンプルは以下(ボタンにロールオーバーしてみてください。)

使用する画像へのパス、ボタンサイズなどは上記のスクリプト上で指定するので
CSSファイルでは記述不要になります。

こういったちょっとした効果でサイト上に動きを付けることができるものは、
どんどん使っていきたいですね。

機会があれば是非。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

jQueryでCSSスプライトにスライド&フェードなどのエフェクト効果を追加する

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Tweets
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR