JavaScriptでのfunctionを一定の間隔で繰り返し処理を行う時の指定に使う「setInterval」。

jQueryでこの指定を使うこともでき、単純な記述ですが、
さまざまなループ処理などにも使えるので
参考までに使い方をメモ書きしておきます。

jQueryでsetInterval

$(function(){
	setInterval(function(){
		~ここに処理を記載~
	},1000);
});

最後の数値部分は繰り返し処理を行う間隔になります。

例えば、3秒ごとに画像の位置を10pxずつ、ズラす場合は

$(function(){
	$('img').css({left:'0',position:'absolute'});
	setInterval(function(){
		$('img').stop().animate({left:'+=' + '10' + 'px'},1000);
	},3000);
});

この様な書き方で実現できます。
(あまり現実的ではない処理ですが。。。)

実際に実行させると以下の様になります。

jQuery SetInterval【SAMPLE】

ループし続ける画像のスライドショー処理などでも、
この「setInterval」を使って簡単に実装することが出来るので
何かと便利に使えたりします。

ご参考までに。。。

サンプルファイルをダウンロードしたい方はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (0)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

jQueryでsetIntervalを使って特定の間隔でfunction処理を繰り返し行う(タイマー処理)方法

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Partner