コーディングにおいてIE6は常日頃、悩みのタネですが、
そんなIE6に、IE7で対応しているCSSプロパティを有効にできる他、
透過PNGが使用可能となるライブラリ「IE7.js」というものがかなり使えそうです。

ie7-js – Project Hosting on Google Code

使用方法は二通り。
ライブラリJSファイルをダウンロードしてソースからリンクするか、
———————————————–
<!–[if lt IE 7]>
<script src=”http://ie7-js.googlecode.com/svn/version/2.0(beta3)/IE7.js” type=”text/javascript”></script>
<![endif]–>
———————————————–
といったコードをヘッダ内に張ることで直接Googleのサーバにアクセスする、
というもの。

このライブラリを使用することで、IE6以下のバージョンで
・透過PNGが使用可能
・:hoverを<a>タグ以外にも使用可能
・min-width、min-heightなど使用可能(不完全?)
などなど。

IE7と100%同じというわけにはいかなそうですが、
結構便利に使うことができそうです。

「IE7.js」に加えて、「IE8.js」というのもあり、
こっちはIIE7以下をIE8に近い形にできるもよう。(:after、:beforeが対応)

使用方法は同じく、ファイルをダウンロードしてソースからリンクするか、
———————————————–
<!–[if lt IE 8]>
<script src=”http://ie7-js.googlecode.com/svn/version/2.0(beta3)/IE8.js” type=”text/javascript”></script>
<![endif]–>
———————————————–
と直接張るか。

まだ実際に試していませんが、
このライブラリを使用することによって、コーディングが楽になるかもしれません。

是非お試しあれ。