Android(アンドロイド)開発では通常のWebサイト制作では聞きなれない
dp(dip)という単位を使用することがあります。

Androidでの基本的な5つの解像度
【ldpi】【mdpi】【hdpi】【xhdpi】【xxhdpi】の
各画面で表示する際の共通単位になるようですが、
このdp(dip)の値をpxに変換する必要に駆られることがあり計算用ツールを作ったので、
ここで紹介するまでもないかもしれませんが、メモとして紹介しておきます。

dp(dip) → px 変換 [dp(dip)] → [px] Conversion


dp(dip) → px 変換 [dp(dip)] → [px] Conversion

計算させる「dp(dip)」の値をフォームに入力すると
下部の表に画面解像度(ピクセル密度)ごとの
【ldpi】【mdpi】【hdpi】【xhdpi】【xxhdpi】
それぞれの場合での表示する「px」単位が計算されます。

単位は整数にならないパターンもあるので
「小数点切捨て」「四捨五入」「そのまま」の
3パターンで計算するようにしています。
(計算自体は単純なかけ算です)

ピクセル密度はCSSの「device-pixel-ratio」で判別して
値を振り分けることが出来るので
メディアクエリーを使って解像度ごとに
以下のように振り分けることもできます。

【「10dp」を「px」に変換したの場合の例】
@media screen and (-webkit-min-device-pixel-ratio: 2.0) {
	/* ピクセル密度2.0以上 =【xxdpi(超超高解像度)】の指定 */
	width: 30px;
}
@media screen and (-webkit-max-device-pixel-ratio: 2.0) {
	/* ピクセル密度2.0以下 =【xdpi(超高解像度)】の指定 */
	width: 20px;
}
@media screen and (-webkit-max-device-pixel-ratio: 1.5) {
	/* ピクセル密度1.5以下 =【hdpi(高解像度)】の指定 */
	width: 15px;
}
@media screen and (-webkit-max-device-pixel-ratio: 1.0) {
	/* ピクセル密度1.0以下 =【mdpi(中解像度)】の指定 */
	width: 10px;
}
@media screen and (-webkit-max-device-pixel-ratio: 0.75) {
	/* ピクセル密度0.75以下 =【ldpi(低解像度)】の指定 */
	width: 7px;
}

dp(dip)の値に関しては
以下の記事がとても分かりやすく説明されています。

【参考記事】Androidのdip(dp)ってpxに換算すると何なのさ!-めんどくさいのでDip Calc作りました- - pucchon design

自分でもdp(dip)の単位については
まだあまり慣れていない現状です・・・

「dp(dip)」の値を「px」に変換させる際にぜひ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BlackFlag
FOLLOW

Related Posts

Comments (1)







コメント内容

※コメントにHTMLタグを直接入力しないでください。
※HTMLタグを入力する際はタグ一つ一つの括弧「<」「>」を全角に変換して入力してください。
コメントは承認制になっているのですぐには反映されません。コメント頂いた内容については出来る限り早めの対応を心掛けていますが、時期によって返答が遅くなってしまうことがありますので、何卒ご了承ください。
» コメントについてのご注意  |  » ライセンスに関して

Android(アンドロイド)独自サイズdp(dip)をpxに計算するツール「[dp(dip)] → [px] Conversion」作ってみました。

Hatena Bookmark
Popular Entries
Recent Entries
PR
Facebook
Animal Protection
  • 福島被曝牛支援のお願い
  • NO FUR
Books
  • jQuery Technical Note
  • 外掛OUT! jQuery 高手精技
Partner