通常のHTML制作では画面上には特に影響を及ぼさない画像のALT指定ですが、
それを効果的にページ上で表現するJSのご紹介です。

JSファイルの配布元のサイトは
jCaption: jQuery Image Captions with Customizable Markup, Style and Animation

素材ファイル共々、上記ページより一括でダウンロードができます。

どんなものなのかはサイトを見るとわかると思いますが、
ページ上の画像にマウスを持っていくと、その画像のALTに記述したテキストがキャプションとして現れる仕組みです。
何気ないさりげなさがよい感じです。

実際に組み込むと以下の様になります。

ソース内のALTには「マウスオーバーでALTテキストを表示」とテキストを入れてあります。
ALTテキストが表示される枠は文字のサイズや色、背景色など
CSSで自由にカスタマイズも可能。

マウスオーバーで表示される枠を画像めいっぱいにすると。

IEだとマウスカーソルにALTの内容が表示されてしまい
同じ文言が2重に被ってしまうのが残念ですが、
サイト内にさりげなく入れておくと面白いかもしれませんね。